文房具

専門学校に通学して医療事務を一から習おう

まずは資格取得を

保育士と子供たち

どちらのルートを選ぶか

待機児童問題が物語るように、保育所と保育士の確保は喫緊の課題になっています。そのために国も保育士の給与改善を進めるなど、これから待遇も良くなっていくことが予想されます。そんな中、保育士を目指す人は増えていますが、一定以上の能力が求められるため、昔の制度時に比べてややハードルが上がっているのが現状です。保育士になるルートは大きく二つに分けられます。一つは指定の養成大学・短大・専門学校を卒業することで資格取得できるもの、もう一つは保育士試験を受験して合格したものとなります。後者は学歴や実務経験2年以上など、受験資格に条件がありますので、こちらのルートで目指す人はあらかじめ調べておくことが重要です。

校風や設備もわかる

資格試験の合格率は10%台を推移しており、簡単な試験でないことは明らかです。そのため、多くの人が養成学校卒業による資格取得を目指しており、短大なら最短で2年で働けるようになることも追い風になっています。養成学校は各都道府県に必ずありますし、都市部では学校が多いぶん、選択肢もかなり多くなっています。そのため偏差値や学習カリキュラムの他に、キャンパスライフにも重点を置く学生がたくさんいます。各学校の詳細は、保育士学校の一覧を見ると比較しやすいでしょう。カリキュラムや設備の他、校風なども載せているのでとても参考になります。また、興味のある学校があれば資料請求もできますので、ぜひ利用してみましょう。